早めにヘルプしたい!マミーの薄毛の原因と方策

「地肌が際立つようになったかも…」「抜け落ちる髪の容量が多い気がする…」そういう薄毛にまつわるお戸惑いは、結構ヤツには示談できないかと思います。
女性に生じる薄毛のタイプは大きく分けて5つあり、個人年齢、栄養失調、重圧、ホルモン均整の壊れ、間違ったヘアケアなど、きっかけが異なります。
そこで今回は、薄毛にお戸惑いであったり、薄くなってきたかも?って気にされていたり始めるマミーのために、薄毛の原因と、薄毛対策のための作戦をご批評決める。
専門の病院で付きコンサルテーションを受けたいユーザーは「ヘアメディカル ビューティ」をご比較下さい。

マミーの薄毛は紳士のものというきっかけが違う。
紳士の薄毛は、紳士ホルモンの増加がものすごく影響してあり、髪が産毛のようになり、じきに抜け落ち、しまいには髪が生えなくなってしまうという次第の手法が一般的ですが、マミーの薄毛は異なります。
女性に手広く生じる薄毛のタイプは、下記の5つに分けられます。
①頭頂部の地肌が薄い
②区割りが薄い
③念頭一切が薄い
④産後に小さくなった
⑤丸フォルム又は楕円形に髪が抜けている
それでは、それぞれの属性ときっかけをご紹介します。

①頭頂部の地肌が薄い
頭頂部という部分の頭皮が目立って見えます。
こういうジャンルは、頭頂部が薄いという見た目は同じでも、「ひこう性脱毛」といった「脂漏(しろう)性脱毛」の2つに分けられ、きっかけも個人異なります。
①-1.ひこう性脱毛
・属性
かさぶた状の乾燥したフケが出ることが特徴です。
フケが毛孔をふさいで、頭皮が発疹(はっせき)し、髪の前進が妨げられます。フケの発生した頭皮は、黴菌が増加しやすく、それにより発疹してしまうのです。
フケの生起が極端に多い場合は、別の疾患などの可能性もあります。

・きっかけ
多くの場合はシャンプーの回数が多すぎることや、シャンプーの際に著しい力で流しすぎてしまうことが大きく関係しています。
(1)頭皮の乾燥
シャンプーの回数が多いと必要な頭皮の油分まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥するので、もっとフケが発生しやすくなります。
(2)誤った洗髪
また、フケが毛孔をふさぎ、頭皮が発疹しているので、頭皮はスムースになっています。
洗う際に爪を立てたり、必要以上に力強い力で頭皮をこすったりすると、グングン頭皮が腫れてしまう。

①-2.脂漏性脱毛
・属性
頭皮に皮脂が過剰に分泌されるといった起こると言われています。
毛根が目線で見て押さえるほど赤くむくみ、髪がぬけてしまうというのが特徴です。
・きっかけ
原因は、髪を定期的に洗っていなかったり、頭皮に合わないシャンプーを使ったり、シャンプーをすすぎきれていないため、皮脂の分泌が過剰になることが原因です。皮脂が毛根をふさぐため、健康な髪が生えづらくなるのです。

②区割りが特に薄い
・属性
牽引(けんいん)性脱毛とも呼ばれます。
薄毛のなりユーザーには個人差はありますが、普段からポニーテールやお団子など、髪を結ぶ事象の多い方に見られ易いだ。
長期間髪が引っ張られ、ストレスの因るスポットから髪が薄くなっていきます。
幼少の頃からも含め、髪を引っ張るヘアースタイルを続けていたユーザーは、区割りの部分にかかっていたストレスが、薄毛となってあらわれ易くなります。

・きっかけ
(1)頭皮のストレス
長期間、もしくは長期に渡って頭皮にストレスの要する髪フォルムをしていると、引っ張られていらっしゃる頭皮の血行がわるくなり、毛根に栄養分が分かり辛くなります。栄養分が不足した髪は、細くなり、抜けたり切れたりしやすくなります。
また、きつく髪を引っ張る事象自体が、まったく抜けるタイミングでは乏しい健康な髪も抜けやすくしてしまうのです。
(2)UV
頭は、顔つきや右腕よりも高いところにあり、とにかくUVを受けやすい位置と言えます。UVはスキンだけでなく、頭皮や髪にも故障を与えます。
たえずおんなじ区割りとしていると、UVがその部分に当たり続けてしまう。
UVによるダメージで、髪の毛を設ける動きが弱まり、薄毛を招きます。

③念頭一切が薄い
・属性
断然40金以降の女性に伸びると言われています。属性は、念頭一切が均等に髪が薄くなることです。
仲間が脱けたり、生え際から小さくなったりするのではないので、この点は前頭部の生え際が後退する「紳士フォルム脱毛」とは異なります。
・きっかけ
原因はいくつかあり、重圧・誤ったヘアケア・年齢、食事の崩れなどがあります。それぞれのきっかけが、どのように薄毛に関係してくるのか見ていきましょう。

(1)重圧
重圧を受けるって、血行が悪くなり易くなり、毛根に栄養分が届き辛くなります。そのため、目新しい髪が作られなくなったり、抜け易い細長い髪しか生えなくなったりすると言われています。
(2)ヘアケア
頭皮に合わないシャンプーを日常的に取り扱うことや、パーマ・色付けを増やすため、抜け毛を引き起こすことがあります。シャンプーは、頭皮に直扱う製品なので、自分に当てはまるものを扱うのが理想です。
また、過度なパーマや色付けは、髪や頭皮のストレスとなります。

(3)年齢
年齢によりマミーホルモンが減少してくると、ハリ・コシのある健康的な髪が生えにくくなっていきます。
マミーホルモンには、可愛らしい髪を見つける助太刀をする働きがあります。マミーの抜け毛が紳士ほど目立たないのは、マミーホルモンの動きがかかわっていらっしゃる。

(4)食事の崩れ
ランチからの栄養分は、単に髪への栄養分にもなります。そのため、ランチの偏りは、薄毛の原因になります。
無理なダイエットも、栄養分が不足するので、薄毛を引き起こす原因となります。

④産後に小さくなった

・属性
こちらもまた、マミーの薄毛の原因としては多いです。属性としては、産後に一時的に髪が薄くなることです。

・きっかけ
受胎中頃は、活発にはたらくマミーホルモンですが、産後丸々減少します。
受胎中頃は、マミーらしき運動や、健康な髪を定めるエストロゲンというホルモンが分泌されているので、髪は前進を積み重ねるのですが、産後はホルモンの分泌が一時的に消え去り、それが薄毛に影響します。
受胎中に薄毛になることもありますが、こちらは胴の乳児に栄養分を送っているために、頭皮や髪の栄養分が不足することが原因です。

⑤丸フォルムまたは楕円形に髪が抜けている

・属性
円形または楕円形に、突然髪が抜けます。1カ所だけでなく、複数におけることがあります。
抜け毛が進んでくると、寝起きに枕に何本も抜け毛がついていたり、体毛も丸フォルムに抜けたりすることがあります。
円形に抜き出せる理由は分かっていません。
髪の長い女性は気付き難いという特徴がありますが、ブラッシングの際にブラシに付く抜け毛が増えたなどの変動を感じた場合は、念頭髪を確認するようにしてください。

・きっかけ
原因としては様々なものがありますが、その中でも重圧やアレルギーなどが主なきっかけと考えられています。
重圧を通して血行が悪くなると、頭皮の毛根に栄養分が届きがたくなります。
それにより、健康な髪が生えづらくなってしまうのです。ストレスが多いユーザーや、重圧を賢く射出できない方におけることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です